ja.haerentanimo.net
新しいレシピ

グレングラッサトルファピートシングルモルトウイスキーをリリース

グレングラッサトルファピートシングルモルトウイスキーをリリース


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ウイスキー愛好家は、スモーキーでピートのあるモルトを探しているなら、アイラ島に目を向ける必要があることを知っています。スコットランドの島は、ラフロイグ、アードベッグ、ラガヴーリンなどの蒸留所があるので、そのピートウイスキーで世界中に知られています。しかし、最近はアイラ蒸留所だけがピートモルトを生産しているわけではありません。他の伝統的なスコッチウイスキー生産地域もスモーキーアクションに参加しており、Glenglassaughが最新です。

バンフシャーのアバディーンの北西に位置するあまり知られていない少量の蒸留所であるGlenglassaughは、1875年にまでさかのぼる歴史があります。1892年にHighland Distillersに買収され、MacallanとHighlandParkを所有するEdringtonGroupの一部になりました。 。 Edringtonは最終的にそれをシャットダウンし、2008年に再開されるまで20年間沈黙していました。ちょうど昨年、GlenDronachを所有する小さな(しかし拡大している)BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。しかし、BenRiachとGlenDronachはスペイサイド地域にありますが、Glenglassaughは高地にあります。

event_venue = ### contact_name = ### contact_phone = ### contact_email =

グレングラスアフは、その特徴的な繊細なフレーバープロファイルで、リバイバルモルトとエボリューションモルトで愛好家の間で知られています。しかし現在、蒸留所はトルファの発売によりピートウイスキーに拡大しています。グレングラッサトルファは、古ノルド語で泥炭地を意味する言葉から取られており、アイラ島のモルトに期待されるように泥炭の煙が豊富です。 「Glenglassaughでは、従来の生産に加えて、穀物の品種として豊富にピートされた麦芽大麦を使用して、非常に限られた量のウイスキーも生産しています」とセールスディレクターのAlistairWalkerは説明します。 「麦芽大麦は、泥炭を注入した窯の上で伝統的な方法で乾燥されており、ウイスキーに独特のスモーキーな風味を与えています。」

冷却ろ過されておらず、アルコール度数50%で瓶詰めされ、色は追加されていません。トルファ(39.95ポンド、約67ドル)は、キャンプファイヤーの煙、海の空気の石灰の皮、アプリコットジャム、生姜、黒胡椒の香りがあると言われています。味覚はより多くの泥炭の煙、砂糖漬けの柑橘類の皮、メロン、パイナップル、ロースターの赤いリンゴ、オートビスケット、杢の蜂蜜とシガーボックスのスパイスに開き、より多くの沿岸の泥炭とスパイスの効いたフルーツで終わります。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らのスピリットのリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らのスピリットのリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らの精神のリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らのスピリットのリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らの精神のリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らの精神のリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らの精神のリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。もともとは1986年に閉鎖され、2008年に再開され、昨年BenRiach DistilleryCompanyに買収されました。グレングラッサトルファ(古ノルド語で泥炭を意味する)は、リバイバルとエボリューションの既存のコアラインナップに追加され、5〜6年しか再開されていない蒸留所のための素敵な小さなポートフォリオを作成します。 3年の成熟に達するまでの間に、Glenglassaughは実際にいくつかのいわゆる「スピリットドリンク」を発売しました。ウイスキーと呼ぶには若すぎた彼らの精神のリリースです(3年は知らない人にとっては最低です& #8230またはタイガー)そして別の樽で仕上げられました。赤面するスピリットドリンク(カリフォルニアの赤ワイン樽で6ヶ月熟成)は、ウイスキーの世界で私が味わった中で最悪のものの1つであり、カビの生えた古くて古くなった安いケーキジャムは、味から覚えている味を引き立てます。しかし、私は彼らのピートスピリットがとても好きで、それがわずかな可能性を示していると思いました。 Torfaは、その精神に対する私の信仰が正当化されたかどうかを証明すると思います。

グレングラッサトルファ
20ppmフェノール
50%アルコール度数
ここで£39.95

鼻: 非常に興味深いスタートです。ウイスキーの若さは、モルトの甘さで伝わってきます。ドライマンゴーのような甘いドライフルーツと茎生姜の甘い/スパイス。 Werther&#8217s Originals、バーベキューバナナ、遠くの焚き火のそよ風。興味深く、奇妙なことに愛らしい、そのような若いウイスキーのための素晴らしい鼻。

口蓋: 煙は口蓋ではるかに顕著であり、最初はかなりすすがあり、塩辛い海辺の煙に包まれています。あっという間にバランスが取れて、甘さが戻ってきます。口に含むと、粘り気があり甘いバーベキューバナナが増えます。ギリアンチョコレート!滑らかなヘーゼルナッツとミルクチョコレートのクリーミーさ、背景にわずかなレモンの皮。

終了: 口の中にある時間が長ければ長いほど、貝殻の形をしたギリアンチョコレートのことを思い出します。多分もっとヘーゼルナッツで。

全体: グレングラッサトルファのボトルを39.95ポンドで買うと思います。非常に興味深いノーズと素晴らしいフィニッシュで、50%のアルコール度数のスモーキーな間奏があります。若々しい香りがしますが、すすの煙、海の空気の新鮮さ、ナッツのような甘さが絶妙に組み合わされており、風味のバランスが取れています。うまくいけば、年齢とともに、それは現在の素晴らしいバランスを失うことはありませんが、時間だけがわかります。次回アバディーンにいるときは、蒸留所の樽を監視するためにポートソイに向かわなければならないかもしれません。


クイックドラム:グレングラッサトルファ

家は心がどこにあるか、少なくとも私のウイスキーコレクションがどこにあるかであり、アバディーンにある私の親の家に私のウイスキーの大部分を置き去りにするという苦痛によってのみ一致します。幸いなことにイースターは家に帰る機会を提供しました、そして私が到着したとき、最愛の母は私のウイスキーを愛情を込めてレイアウトしました。もちろん、グリルのようなアバディーンのバーが大好きな理由はこれだけではありません。スコッチウイスキーエクスペリエンスでEWBチームと協力していたAly Mathersが管理する新人CASC(Cigars、Ale、Scotch、Coffee)は、アバディーンのナイトライフ! (フォローするレビュー)。また、Glen Garioch、AnCnoc、Glenglassaughのように、北東部の多くの素晴らしい蒸留所がすぐ近くにあります。後者はこの投稿で関心のある蒸留所です。GlenglassauchTorfaはウイスキーの名前であり、ピートハイランドはそのゲームです。

愛情深い母親に見守られ、喉が渇いた息子に破壊された!

グレングラスアフは北東のスペイサイドの端のすぐ外にあります。 Originally closed in 1986 it was reopened in 2008 and was bought by The BenRiach Distillery Company last year. The Glenglassaugh Torfa (the old Norse word for peat) adds to their existing core line-up of the Revival and Evolution and creates a nice little portfolio for a distillery that has only been reopened for 5 or 6 years. In the run up to reaching 3 years of maturity Glenglassaugh actually launched a couple of so called ‘Spirit Drinks’, releases of their spirit that were too young to be called whisky (3 years being the minimum for anyone who doesn’t know… or Tiger) and were finished in different casks. The Spirit Drink that blushes (6 months matured in a Californian red wine cask) is still one of the worst things I have tasted in the whisky world, mouldy old and stale cheap cake jam being a compliment to the flavours I remember from the taste. However, I did quite like their Peated Spirit and thought it showed a smattering of potential. I guess the Torfa will prove whether my faith in that spirit was justified:

Glenglassaugh Torfa
20 ppm phenol
50% ABV
£39.95 here

Nose: A very interesting start. The youth of the whisky comes through with the sweetness of the malt. Sweet dried fruit like dried mango and the sweet/spice of stem ginger. Werther’s Originals, BBQ bananas and the gentle breeze of a bonfire in the distance. Intriguing and oddly lovely, a great nose for such a young whisky.

Palate: The smoke is much more prominent on the palate, initially quite sooty and engulfing with a salty, seaside smoke. It quickly balances out and the sweetness comes back. More of the BBQ bananas on the palate, sticky and sweet. Guylian chocolates! A nice smooth hazelnut and milk chocolate creaminess with a slight lemon zest in the background.

Finish: The longer it is in my mouth the more I think of those sea shell shaped Guylian chocolates. Maybe with more hazelnut.

Overall: I would probably buy a bottle of Glenglassaugh Torfa for £39.95. A really interesting nose and great finish with an intense 50% ABV smoky interlude between them. Smells young, but has a great combination of sooty smoke, sea air freshness and nutty sweetness to create a good balance of flavour. Hopefully, with age, it will not lose the great balance that it has now, but only time will tell. Next time I am up in Aberdeen I may have to head to Portsoy to keep an eye on the casks at the distillery!


Quick Dram: Glenglassaugh Torfa

Home is where the heart is… or at least where my whisky collection is and they are matched only by the pain of leaving the majority of my whiskies behind at my parent’s home in Aberdeen. Luckily Easter offered up an opportunity to head home, and mother dearest had lovingly laid out my whiskies for when I arrived. They are of course not the only reason I love Aberdeen bars like the Grill and newcomer CASC (Cigars, Ale, Scotch and Coffee) managed by Aly Mathers, who worked with the EWB team at the Scotch Whisky Experience, are a bloody good addition to Aberdeen nightlife! (Review to follow). Also, many great north-eastern distilleries are within touching distance like Glen Garioch, AnCnoc and Glenglassaugh, the latter being the distillery of interest to this post Glenglassauch Torfa is the whisky name and peated Highland is its game.

Looked out by a loving mother…destroyed by a thirsty son!

Glenglassaugh is just outside the edge of Speyside in the north east. Originally closed in 1986 it was reopened in 2008 and was bought by The BenRiach Distillery Company last year. The Glenglassaugh Torfa (the old Norse word for peat) adds to their existing core line-up of the Revival and Evolution and creates a nice little portfolio for a distillery that has only been reopened for 5 or 6 years. In the run up to reaching 3 years of maturity Glenglassaugh actually launched a couple of so called ‘Spirit Drinks’, releases of their spirit that were too young to be called whisky (3 years being the minimum for anyone who doesn’t know… or Tiger) and were finished in different casks. The Spirit Drink that blushes (6 months matured in a Californian red wine cask) is still one of the worst things I have tasted in the whisky world, mouldy old and stale cheap cake jam being a compliment to the flavours I remember from the taste. However, I did quite like their Peated Spirit and thought it showed a smattering of potential. I guess the Torfa will prove whether my faith in that spirit was justified:

Glenglassaugh Torfa
20 ppm phenol
50% ABV
£39.95 here

Nose: A very interesting start. The youth of the whisky comes through with the sweetness of the malt. Sweet dried fruit like dried mango and the sweet/spice of stem ginger. Werther’s Originals, BBQ bananas and the gentle breeze of a bonfire in the distance. Intriguing and oddly lovely, a great nose for such a young whisky.

Palate: The smoke is much more prominent on the palate, initially quite sooty and engulfing with a salty, seaside smoke. It quickly balances out and the sweetness comes back. More of the BBQ bananas on the palate, sticky and sweet. Guylian chocolates! A nice smooth hazelnut and milk chocolate creaminess with a slight lemon zest in the background.

Finish: The longer it is in my mouth the more I think of those sea shell shaped Guylian chocolates. Maybe with more hazelnut.

Overall: I would probably buy a bottle of Glenglassaugh Torfa for £39.95. A really interesting nose and great finish with an intense 50% ABV smoky interlude between them. Smells young, but has a great combination of sooty smoke, sea air freshness and nutty sweetness to create a good balance of flavour. Hopefully, with age, it will not lose the great balance that it has now, but only time will tell. Next time I am up in Aberdeen I may have to head to Portsoy to keep an eye on the casks at the distillery!



コメント:

  1. Sutcliff

    これから何が続きますか?

  2. Askook

    私の意見では、彼らは間違っています。私はそれについて議論することを提案します。午後に私に手紙を書いてください、話してください。

  3. Tojarr

    はい、確かに。それも私と一緒でした。このテーマでコミュニケーションをとることができます。ここまたはPMで。

  4. Churchyll

    ナンセンス



メッセージを書く